So-net無料ブログ作成

あの季節だよ [空(そら)]

また、この季節が来たね。


空だよ。


狂犬病予防注射の接種を
安易に煽動する中身の薄い無責任な記事が
頻発する季節だよ。


ボクとルナは狂犬病の注射は射たないよ。
ボク達は野性動物に接触しないし
咬まれる可能性は0%だよ。
狂犬病の注射で毎年3000頭位の家庭犬が死んで、
それ以上に多くの家庭犬が治らない副作用に
苦しめられてるのを知ってるからね。
今年は自分のうちの仔が死ぬかもしれない
とは考えずに、安易に予防接種している飼い主が
本当にたくさんいるんだよ。
狂犬病の根絶していないアメリカでも
狂犬病で死ぬ人は年間ほぼ0~1人なんだよ。
狂犬病の治療薬があるからだよ。
日本では既に存在しない狂犬病のために
予防接種をされて3000匹以上の犬が
毎年死んでるんだよ。
その事知ってる?
お家のわん仔は野性動物と触れ合う事がある?
もしお家のわん仔が、予防接種で死んじゃったり、
重い副作用で寝たきりになるより
今通ってるトリミングサロンや
ドッグランに入れない方が困るって
思ってるのかな?
動物病院に行けば、狂犬病予防接種の
猶予証明書を発行してくれるから
その証明書で受け付けてくれる
トリミングサロンやドッグランに
変えることをオススメするよ。

参考までに、ボクとルナは行きつけの動物病院で
狂犬病予防接種猶予証明書
っていうのを発行してもらって
それを区役所に届けるよ。
ボクとルナは狂犬病にかかってません、
そしてアレルギーがあるから狂犬病の
予防注射を猶予しますって
証明してもらうんだ。
アレルギーでなくても持病があるなら
それを理由に猶予証明して
もらえるはずだよ。
証明書発行の手数料は予防接種の注射料と
同じくらいの値段だけど
病気になるリスクは証明書発行の方が
遥かに少ないからね。

狂犬病予防接種の抗体は7年程保つと
医学的に証明されてるので
毎年射つことに意味がないと言うことも
付け加えておくよ。
こんなこと獣医さんにとっては
常識だと思うけど、
飼い主さんが「射って」って言ったら
獣医さんは「射たない方がいいよ!」
とは言えないよね。
とはいえ、猶予証明だってできるんだから、
「どうしますか?射ちますか?」
「もうシニアちゃんだから、今年からは
猶予証明書書きましょうか?」
くらい聞いてくれるお医者さんだといいよね。


でもね、お家のわん仔の事を決めるのは
飼い主さんだから、飼い主さんは
狂犬病予防接種をするかしないか
本当に、本当に、よーっく考えて決めてね。





頑張っているお友達が
苦しくありませんように。
元気になって美味しいウマウマ
食べられますように。


独りポッチのわん仔、にゃん仔が
優しい本当の家族に巡りあって、
穏やかな時間を過ごせますように。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0