So-net無料ブログ作成
検索選択

ドッグドックでした [ルナ]

今日は朝ごはん抜きで、
空クンと一緒にドッグドックに
行ってきました。


ルナです。


朝一番に動物病院に行って、
体重を計ってもらいました。
私は2.70kg、空クンは1.90kgで
前回と殆ど変わらずでした。
おーたろは先生に検査してほしい項目と、
私達の気になる箇所を先生に伝えました。

朝一番(9:00頃)に病院に来て
おーたろが迎えに来てくれたのは
5:30頃でした。

検査の項目によっては
外部の検査機関に依頼して
後日結果報告を聞くものもありますが、
今日病院で結果が出ているものについては
病院で検査結果を聞きました。


まず、空クンから。
レントゲンの結果では、既に過去の診断で指摘されている
頚椎のズレと、第1、第2腰椎の間と第3と第4腰椎の間の狭窄以外に
異常はありませんでした。
首や背骨の異常は神経に影響して身体のまひにつながる可能性があるので
今後も生活環境に注意を払う必要があるそうです。

エコーでは、これも毎回指摘されていることですが
肝臓が大き目だそうです。
大き目だけど、それ以外の点で異常は認められないそうです。

おメメはまだ大丈夫ですって。

それから、先日抜けてしまった犬歯跡の縫合手術について
おーたろは先生から説明を受けました。
手術のしかたとしては、空いてる穴を
周りの皮膚を寄せ集めて縫い合わせれば塞がるものではなくて、
歯の抜けた穴の中の表面部分を薄く削って
それから穴を塞ぐための皮膚を十分に引き寄せるために
引っ張る皮膚の内側に切り込みを入れるという
案外複雑な手術で、手術時間はおよそ1時間位だそうです。

実際に手術をする際には全身麻酔をしての手術ですので
空クンはシニアだしチビッチョだから、
万全の体調でないといけません。
なので、まずは今回の血液検査の結果を待って
空クンが手術を受けられる体調かどうかを
判断することになりました。

自力で穴が塞がれば良いんだけど、
空クンの犬歯はとっても大きくて穴が深かったし
右の犬歯の穴も塞がらなかったから
今回も塞がらないんじゃないかなぁ、って。
穴が開いたままだと、ご飯が穴に入って
中で腐ったりして、顎が腐って折れちゃったり
穴が腐って頬に貫通しちゃったりする可能性があるから
おーたろはできれば手術したいみたい。
空クンは・・・歯磨きの度に穴をホジホジされるのは
嫌みたいだから、手術できた方がいいのかな?




私は、骨的には異常無しでした。
水を飲む度むせるので、
おーたろは気管虚脱を心配していたみたいだけど
現時点でその心配はないそうです。
おーたろ家に来て最初の診断から指摘されている
胆泥症については、進行は見られないそうです。
エコーでは胆嚢に対して1/3~2/5位の胆泥が
溜まっているのが見えました。
胆泥はまだ固まっている感じではないから
引き続き脂肪分の少ない食事を心がけて
経過観察しましょうと言われました。

今回私の検診で新たな発見は
腹空部にたくさんの炎症部が見られる
ということでした。
エコーには5mmくらいの黒い粒が
何箇所かに映っていました。
これが何かは細胞を採取して分析しないと
判らないけど、5mmの粒は小さいし
位置的に採取ができない場所にあるので
採れませんでしたと言われました。
悪い物であることもあるし、
なんでもないこともあるので
2~3か月措きに経過観察しましょう
ということになりました。


ドッグドック、疲れたけど
今の私たちの状態が分かっていると
生活していく上で注意すべき点が分かるので
おーたろはご飯のメニューを考えたり
お家の家具のレイアウトを考えたり
お散歩のコースやメニューを決めるのに
役に立つんだそうです。

私たちが病院にいる間、
おーたろは結局大した外出もせず、
お家で私たちの検査が終わるのを待ってたんですって。





頑張っているお友達が苦しくありませんように。
飼い主さんも辛くありませんように。
お友達が元気になって、美味しいウマウマを食べられますように。
飼い主さんと一緒に笑顔で過ごせますように。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: