So-net無料ブログ作成
おーたろ ブログトップ
前の10件 | -

リラックス [おーたろ]

連休後半、土曜日の午前中。

左にルナ、

PicsPlay_1494033032975.jpg



右に空。

PicsPlay_1494033088069.jpg



あー、幸せ。





頑張っているお友達が苦しくありませんように。
元気になって、美味しいウマウマ食べられますように。


独りポッチのわん仔、にゃん仔が
本当の優しい家族に巡りあって、
穏やかな時を過ごせますように。



歪んだペット産業に手を貸しているのは… [おーたろ]

今日はまた少し気温が下がるようですね。


おーたろです。



今年も狂犬病予防接種月間が始まりましたね。
毎年なん千匹も副作用によって死亡し、
何万匹も重い副作用による後遺症を発症している
と言われる、狂犬病予防接種です。
狂犬病そのもので亡くなる犬や人は0なのに
だれも発症しない病気のために
何万本ものワクチンと何千匹もの犬が
一度に消費される狂犬病予防接種月間です。

厚生労働省は一体いつになったらこの制度を見直すのでしょうか?
人間用の効果の高い治療薬の国内での認可は
いつまで放置するつもりでしょうか?

そして、飼い主は?
法律で決まっているから、毎年狂犬病の予防接種を打って
飼っている犬が副作用で死んでしまったら
また新しい犬を買ってくれば良いのでしょうか?
動物病院は?
予防接種すれば売り上げが上がるし、
重い後遺症が残ったら、その手当てをするために
動物病院に頻繁に通って貰えて益々商売繁盛で
こんな美味しいシステム止められるわけがない
のでしょうか?



先日、よくお散歩でお会いするマルチーズの
飼い主さんが動物病院に行くと仰っているので
掛かり付けのお医者さんは狂犬病予防接種を
実施されているので、混んでいるでしょうね、
とお話ししたら、"ああ、打たなくっちゃ。"
と仰ったのです!!

私はとてもビックリしました。
その方の愛犬は10歳を越えていて、
これまで毎年狂犬病のワクチンを打っていたようです。
そして、最近では原因不明の足先の痒みに
悩まされているその仔にワクチンを打つと言うのです!
そして、その方は、頻繁にペットホテルを利用されるため
いつも利用しているペットホテルの規則に従って
いわゆる混合ワクチンも毎年その仔に打ってきたのだそうです。

私的にはここまで聞くと気絶しそうでした。
今まで普通に公園で遊んでいたその仔が
とても可哀想になってしまいました。
もしかしたら、その仔の身体はもう
ボロボロかも知れないと思いました。
飼い主さんはその仔をとても大切にしていて
長生きしてほしいと思っているのだろうと
思っていましたが、実際の行動は違いました。

私はその仔の飼い主では有りませんので
その仔の飼い方をとやかくいう筋合いでは
ないのですが、既に身体の不調を訴えている
シニア犬に、狂犬病予防接種の恐ろしさを
知らないとはいえ、これ以上打ち続けるのは
あまりにも非道だと思ったので
"○○ちゃんは10歳を越えているし、
アレルギーの症状もでているから、
狂犬病予防接種はしない方がいいですよ。
副作用で亡くなる仔も毎年多いし、
副作用が多いから、接種を禁止している
国もあるほどですよ。病院で猶予証明書を
発行してもらうこともできますよ。"
とお伝えしました。


行政の行っていることに何の疑問を持つことなく
無条件に従う真面目な飼い主が、
実は、今の歪んだペット産業に
手を貸す結果になっている、
そんな気がしてなりません。

狂犬病の治療薬の存在を知らせず、
質の悪いワクチン接種を煽る記事を
毎年掲載している発信者が
その記事を書くことによって得る利益が
一体どの程度の物なのか、
私は知るよしもありませんが、
狂犬病予防接種を煽る記事を発信している人達は
あなたのペットが予防接種の後で突然死しても、
一切罪に問われることはないでしょう。



ペットの健康について、
全ての責任は飼い主にあるということを
忘れないでほしいと思います。





狂犬病予防接種で亡くなる仔が
居なくなりますように。
後遺症を負ってしまった仔が
穏やかな時間を過ごせますように。












狂犬病ワクチンどうする? [おーたろ]

先日、狂犬病ワクチンについて大変興味深い記事を読みました。

↓こちら
愛犬に義務づけられる狂犬病ワクチンについてのいろいろ




私は、狂犬病ワクチンの副作用率がとても高いことを知って以来、愛犬への接種は慎重派です。
動物保護団体やボランティアさんの譲渡規約に、当たり前のように”毎年のワクチン接種”、‘”毎年の狂犬病予防接種”が必須条件として記載されているのを見る度に、行政とのしがらみなのか?純粋に知らないだけなのか?という思いがグルグルめぐったりします。

ペットを飼っている人も、飼っていない人も、一度上のリンクの記事を読んでいただきたい。


【この記事のおーたろ、注目ポイント】
*狂犬病は人畜共通のウイルス感染症(哺乳類全般に感染する)
*感染のおそれのある動物が無検疫で日本国内に大量に輸入されている
(米国では犬と同等の危険性があると警戒されているフェレットも,年間1万5千頭以上が検疫なしで日本国内に入っている)
*豪州とニュージーランドでは狂犬病のワクチンの接種は禁止
*日本国内での人の狂犬病発症例は昭和31年(1956年)が最後
*日本国内で動物の狂犬病発症例は昭和32年(1957年)の猫が最後
*早期に診断・治療を受ければ治療は可能であるが日本では抗狂犬病免疫グロブリンが認可されていないため,十分な治療はできない
(海外で感染した場合はその国で抗狂犬病免疫グロブリンによる治療を受けるのがBetter!)


【おーたろの感想】
犬だけでなく日本人の健康が、犬を金儲けのための道具としか見ていない一部の心ない獣医によって脅かされている。






我が家のかかりつけ獣医さんは正しい知識をお持ちの方なので、”ワクチン?打った方がいいですよ!”みたいな言い方はされません。狂犬病ワクチンはとてもリスクの高いので、必ず飼い主さんの判断を仰がれます。が、しかし、そもそも飼い主さんが”狂犬病ワクチンはとってもリスクが高くって、法律で義務付けられているとはいえ、毎年3000頭もの犬が狂犬病ワクチンのせいで死に至っている”という知識がなければ、先生から”接種しますか?”と訊かれた時に、その本当の意味を理解できているかは疑問ですが・・・。



↓こちらのサイトも犬を飼う飼い主として、わたしはちょいちょい参考にさせていただいています。
愛犬問題


過激な表現が少々多めでですが、間違ったことは書かれていないと思いますので、紹介させていただきます。
興味のあるかたはお時間のある時にご覧になってみてください。
ペットと暮らすための新たな視点が得られるかもしれません。




【おーたろ まとめ】
ワンコのペットライフは飼い主次第。
飼い主が、正しい、最新の知識を常に探求する事で愛犬も飼い主もQoLを向上させることができると思います。

最近ニュースで、歯周病と心臓病、痴呆症が取りあげられているのを見て、これって、人に限らずペットにも当てはまるのではないかなぁと思いながら見ています。虫歯菌、歯周病菌を防ぐためにも、脳への刺激を増やすためにも、自分も愛犬も歯磨きガンバロー!!と思う今日この頃です。





病気と闘っているペットが苦しくありませんように。
美味しいごはんを食べて、日向ぼっこやお散歩を
飼い主さんと一緒に楽しめますように。


保護犬、保護猫、その他の保護動物が
優しい家族に迎えられますように。

全てのペットとその飼い主が健やで
穏やかな時間を過ごせますように。




極楽マッサージ [おーたろ]

夕方、おーたろをカフェに連れてったよ。


空だよ。



カフェでおーたろにマッサージしてもらったよ。

背中が凝ってたから、
背中を重点的にほぐしてもらったよ。


おっ。

PicsPlay_1453019841926.jpg


あー、そこそこ。

PicsPlay_1453019869603.jpg



くーっ。

PicsPlay_1453019898927.jpg


あーーっ。

PicsPlay_1453019982450.jpg


きくーーっ。

PicsPlay_1453019957140.jpg

おーたろのマッサージは
力加減が絶妙で、とっても気持ちがいいんだ。




ボクはいつの間にかぐっすりんコだよ。

グーーッ。

PicsPlay_1453020177875.jpg



すぴーーっ。

PicsPlay_1453020651646.jpg








頑張ってるお友達が、苦しくありませんように。
元気になって、美味しいうまうま食べて、
ポカポカ日向ぼっこできますように。


独りポッチのわんこ、にゃんこが
1日も早く本当の家族に巡り会えますように。


保護犬、保護猫、その他の保護動物を
家族に迎えてくれる人が
もっと、もっと、増えますように。







おりぼん [おーたろ]

昨日の夜、何だか寒くてブルブル震えが止まらなくなって
おーたろにホッカイロを貼ってもらいました。


りんです。


おーたろが私と空くんにおりぼん作ってくれました。
空くんに似合う、男の子用のおりぼんが
なかなか無いから、おーたろの手作りです。

PicsPlay_1413898106670.jpg


私には花柄のおりぼん。
PicsPlay_1413897386461.jpg
似合う?

他にもいくつか作ってくれました。
PicsPlay_1413897418665.jpg

空くんと色違いのお揃いもあるの。
着けるの楽しみ、ウフフ。


繋がりました -リンク追加しました- [おーたろ]

こんにちは、春の雨ですね。

おーたろです。


先日こちらのブログにリンクを貼った
殺処分寸前のシーズー達ですが
無事、命が繋がったようです。

本当に良かった!


トリミング後の2わんは、予想通り、可愛くて、元気なようです。
早速新しい名前を付けてもらったようです。
これから、今までの分以上に幸せになって欲しいわぁ。

フレー!フレー!さくら!!
フレー!フレー!みずき!!


↓引き出しごの様子はこちらでご覧になれます。
http://ameblo.jp/anemone666/entry-11812964768.html



お薬の副作用@免疫抑制剤(シクロキャップ) [おーたろ]

今日は涼しくって気持ちいーですね。

りんです。


こんなお昼寝日和の今日、
私は4日に1度の免疫抑制剤を飲む日でした。
朝ごはんを食べてから2時間以上経ったお昼近くに
私の大好きな赤ちゃん用減塩チーズ包んでもらって飲みました。

お薬を飲んで3時間くらい経った頃、
私のお腹は本当に突然、ギュルギュルギュル~~っとなって
ウンP1回(水様便つき)、完全な水様便1回、ジェリーPを3回、
合計5回ものウンPを約5分の間に立て続けにしました。
私は最初のウンPを皮切りに、ビングにある3箇所のトイレスポットを駆け足に回り、
おーたろは私の後を追いかけて汚れたシートを次々と交換しながら、
“トイレに流せる軟らか素材”の“moony"で私のお尻のをちょいちょい拭いてくれました。
おーたろがこないだお尻周りの毛を短くカットしてくれたので、
お尻は周りはあんまり汚れませんでした。

免疫抑制剤(シクロキャップ)を飲んだ後は
毎回お腹がゆるくなって水様便をするのですが
今日のはいつもよりきつかったです。

このお薬、あとどれくらい飲むんだろう。
止めるまでのスケジュールを知りたいわ。

地震 [おーたろ]

先ほど地震がありましたね。

おーたろです。

おっと!と思い、少々身構え、
ワンズを守らねばと、少し離れた場所に寝ていたりんちゃんに
″りんちゃん”と呼びかけましたが、起きる気配全くなし。

DSC_2615.JPG

同じく空くん。

DSC_2616.JPG

いざという時、私はこの2ワンを抱えて避難することになるのね。




たいくつー [おーたろ]

三連休の初日だというのに、おーたろはお家で仕事でした。

空です。

お外はとってもいい天気なのに、
おーたろはずーーーっとパソコンとテレカン。
ボクはだっこして欲しかったんだけど、
おーたろは全然だっこしてくれなかったんだ。

ボクとりんちゃんはおりこうさんにして
ソファーでフテネして過ごしたんだ。
DSC_1208.JPG

この後おーたろのお仕事が終わってからお散歩にいったよ。
ボクは犬生3回目のお外でのウンPができたよ。
お外は暖かかったし、とっても気持ち良かったよ。



洗濯物 [おーたろ]

今日はちょびっと暑さが戻るみたいですね。

空です。


ソファーの上では
いつもおーたろにひっつき虫ですが、
おーたろより、洗濯物の方が好きです。
おーたろが洗濯物を取り込んで
ソファーの上に置くと
その真ん中に埋もれて眠るのが好き。

DSC_0393.JPG
前の10件 | - おーたろ ブログトップ